こんにちは。

きっともっと保育園では、3歳児クラス以上の子どもたちに対して、週に一度、保育士による音楽指導を行っています。
その内容は、毎年保育士が考えるのですが、今年は、「歌」「リズム」、そして「楽器」の3本柱です。

4月からはじまった活動のなかで、様々な形で音色、音の響き、リズム、音程等に触れてきましたが、
現在は、缶や牛乳パック、輪ゴムなどを使った「楽器づくり」に挑戦しています!

しかし・・・、思ったようにうまく音が鳴りません・・・。
(活動のなかで課題が出てきました。学びのチャンスです!)

そこで・・・!
「本物の楽器を見に行ってみよう!」と、バイオリン等の修理・販売をされているストリオーニさんに見学をお願いしました。

突然の、しかも厚かましいお願いにも関わらず、「いいですよ。」とこころよく引き受けてくださいました。
この場をお借りして、お礼申し上げます(ありがとうございます!)!

DSC_0637.jpg

↑お店にはバイオリンが、隣の工房には工具がずらっと並んでいます。普段とは違う光景に、子どもたちも興味津々です。
まず、お店の方自ら、バイオリンの音色を聴かせてくださいました。
こんなに小さな楽器から、あんなに大きくて美しい音が響くなんて不思議です!子どもたちも「わぁ!」と歓声をあげていました。

HORIZON_0002_BURST20210624161337074.jpgHORIZON_0002_BURST20210624161743657.jpg

↑その後、子ども用のサイズのバイオリンを使って、一人ひとり試奏しました。
みんな緊張しながらも、真剣に音と向き合っていますね!
お店の方も優しく丁寧に教えてくださいました。

DSC_0647.jpgHORIZON_0002_BURST20210624162336373.jpg

↑バイオリンの構造を説明してくださいました。
子どもたちがつくった楽器を持っていき、どうすれば音が鳴るか、具体的なアドバイスもいただきました!

みんな保育園に戻ってくるなり、口々に、

「楽しかった!」「また行きたい!」「楽器つくる!」
と言っていましたよ。

子どもたちにとっても、楽しく、充実した時間になりました!

最後に、今回お邪魔したストリオーニさんのホームページをご紹介しますね。
興味がある方は、ぜひ、一度ご覧ください。
https://www.storioni.co.jp/

※新型コロナウィルス感染対策として、訪問時のマスク着用、訪問人数を分割するといった対策を講じております。