こんにちは。

今年度、きっともっと保育園では、子どもが①メニューやレシピを考え→②食材を調達し→③つくり→④ふるまう、という、「一日こどもレストラン」を実施します。

今回は、「一日こどもレストラン」企画のなかの、コンポスト活動をご紹介したいと思います!
(企画の全体像はコチラからご覧ください)

■コンポストとは

「コンポスト」とは、生ゴミを土などの基材と混ぜ堆肥にすること(もしくはその容器)のことです。

生ゴミは、家庭から排出されるゴミのなかでも大きな割合を占めるそうです。
また、水分量が多く燃やすのに多くのエネルギーを必要とするので、生ゴミを減らすことで、CO2削減にもつながるそうです。

きっともっと保育園では、毎日、野菜くずが300gほど、残飯が800gほど出てしまっています。
(↓の野菜くずの写真が300g程度の量です)

コンポスト容器のお手配や実施にあたってのアドバイスなどは、
株式会社4Natureさんにお世話になっております!

20211006_122922.jpg20211007_091330.jpg
これまでは、これらを全て捨てていたのですが、生ゴミのうち、野菜くずをコンポスト容器に入れていくことにしました!

■コンポスト活動の目的

保育園としてコンポスト活動をする目的は2つです。

①「畑で育つ野菜が土に還る」という自然の循環や神秘に触れる。
②「ただ捨てるのはもったいない」という感覚を養う。

■子どもも大人も、はじめてのコンポスト活動!

先日、はじめて、子どもたちと一緒にコンポスト活動を行いました!

DSC_9753.jpgDSC_9762.jpgDSC_9767.jpg
冒頭の写真の野菜くずをコンポスト容器に入れ、スコップで混ぜていきます。

これから毎日、子どもたちと一緒にコンポスト活動を行っていきます。

これから、あんなことやこんなこと、予測できなかったことも起こるんだろうなぁ...。
子どもたちと、その場その場の状況を楽しみながら、続けていきたいと思います!