こんにちは。

今年度、きっともっと保育園では、子どもが①メニューやレシピを考え→②食材を調達し→③つくり→④ふるまう、
という、「一日こどもレストラン」を実施します。

この日に向けて、日々、いろいろと取り組んでいますので、その様子をご紹介したいと思います!

■「一日こどもレストラン」の目的
大きな目的は3つで、テーマはSDGsです。

①「食」に関するサプライチェーンに体験的に関わっていくことを通して、社会の仕組みや食に興味をもつ。
②畑仕事やコンポスト(生ゴミなどを堆肥化する)活動を通して、「ただ捨てるのはもったいない」という感覚を養う。
③働くことを通して、生みだす喜びを感じる。

【「持続可能」な「開発」「目標」】=SDGsを考えるときに、社会の仕組みのなかに持続可能性を組み込むこと、
活動のモチベーションが維持できることが重要だと考えています。

今回の目標設定でも、そのあたりを強く意識しています。

note用画像_一日レストラン概念図.001.jpg
↑企画の概念図です

■「一日こどもレストラン」の活動内容
「一日こどもレストラン」の活動は、一日では終わりません。そこに至るまで、年間を通してさまざまなことに取り組んでいきます。
実施内容は大きく、(1)年間を通して取り組んでいく活動と、(2)レストランの開店準備と当日の運営、に分かれます。

(1)年間を通して取り組んでいく活動
 a.畑仕事
 b.コンポスト活動
 c.近隣のスーパーでの買い物
 d.みそ汁づくりやその他の食育活動

(2)レストランの開店準備と当日の運営
 e.保育士による一日レストラン
 f.近隣のレストランの見学
 g.メニューの考案や試作
 h.一日こどもレストランの実施

それぞれの活動内容や目的は、都度ご紹介していけたらと思います!
子どもにとっても、保育士にとってもチャレンジングな内容で、どこまでできるかは、正直わかりません...。
でも、大人も子どもも、一緒になって試行錯誤しながら進めていきたいと思っています!