こんにちは。

きっともっと保育園では、日々のお手伝いに加えて、おおむね月に一度、食育活動を実施しています。
日々のお手伝いの記事はこちらから

この日の食育活動は、「トマトケチャップづくり」。

・手を使ってトマトをつぶす感触を楽しむ
・高年齢児は包丁や火を使う、調理工程を知る
を主なねらいとして実施しました。

20210713_093039.jpg20210713_093205.jpg
↑1歳時クラスの活動の様子です。
トマトをじっくり観察したり、においを確かめてみたり。

「しろいのなに?」
とタネを不思議そうに眺める様子もみられましたよ。

トマトの観察をしたあとは、袋に入ったトマトを手でつぶしていきました。

「つぶれたよ!」「できた!」
と嬉しそうに見せてくれました!

20210713_094207.jpg20210713_094434.jpg20210713_100359.jpg
↑2歳児クラスの活動の様子です。
指先を器用につかってトマトの皮をむいています!
火が危険なことを伝えたうえで、子どもたち自身で煮込んでいきました。
おそるおそる慎重に、でも興味津々で取り組んでいましたよ。

20210713_103826.jpgDSC_0700.jpgHORIZON_0002_BURST20210713110729353.jpg
↑3歳児以上のクラスの活動の様子です。
「トマトのヘタ」「フライパン」「中火」等、食材や調理器具・方法の名称確認をしつつ、調理工程を説明します。
包丁も使いました。とても集中していますね!

DSC_0716.jpgHORIZON_0001_BURST20210713114938342_COVER.jpg20210713_102801.jpg
↑中央の写真は、ナポリタンを食べるところの様子です。
みんなで、「作ったケチャップを使って食べたい料理」を話し合って決めました。

右の写真は、言葉遊びをしている様子です。先生がホワイトボードに文字を書くと・・・、

「あ、下からよんでも『トマト』だ!」
「じゃあ、『キュウリ』は?・・・『リウッキ』・・・あれ、読めない!」
「『ナス』は、『スナ』! ちがうことばになった!」
と、言葉あそびを楽しんでいました。

今回の活動のなかには、
○匂いを嗅ぐ・手でつぶす(感覚・認知)、○指先で皮をむく・包丁で切る(微細運動)、
○工程を知る(論理的思考の基礎)、○話しあう(協同性)、○言葉遊び(表現力)・・・etc
と、多様な学びの機会が組み込まれています。

子どもたちは、楽しみながら、実体験を通して、いろいろなことを学びとったようです。

※現在(7/21時点)、コロナウィルス感染拡大防止のため、子どもが触れた食材について、必ず加熱調理することを条件に食育活動を行っております※