こんにちは。

今年度、きっともっと保育園では、子どもが①メニューやレシピを考え→②食材を調達し→③つくり→④ふるまう、という、「一日こどもレストラン」を実施します。

今回は、「一日こどもレストラン」企画のなかの、「いも掘り(畑仕事)」「スイートポテトづくり(食育活動)」をご紹介したいと思います!

企画の全体像はこちらからご覧ください。

■いも掘り、スイートポテトづくりの目的
「畑仕事」全般にいえることですが、いも掘りの目的は、主に2つです。
①「育てる」ことを通して、野菜に愛着を持ち、ひいては「食」への興味を深める
②「生産」する喜びを感じる

スイートポテトづくりの目的は、主に3つです。
③皮をむく、つぶす、混ぜるなど、五感を使って楽しむ
④スイートポテトを成形するなかで、好きな形を表現する
⑤計量することを通して、数や量の概念に触れる

■いも掘りの様子

20211102_095037.jpg20211102_105733.jpg
みんなで大切に育ててきたお芋を掘りました。
子どもにとって、いも掘りは、まるで宝探しです。
みんな、「あったよ!おおきいよ!」と熱中しながら取り組んでいましたよ。

20211102_112346.jpg
採ったさつまいもを、小さいものと大きいものに分類してみたり、数を数えて競ってみたりする姿もみられました。

20211102_111337.jpg
途中、コガネムシ(?)の幼虫を発見して、みんなで観察したり、アーバンファーマーズクラブの瀧岡さんと、育てている白菜のお世話をしたりと、ゆったりとした時間を過ごしました。

■スイートポテトづくりの様子
DSC_6318.jpg
まずは、たわしでさつまいもの皮をむいていきます。
徐々に水が紫色に変わっていく様子を楽しみながら、黙々と取り組んでいました。

DSC_0953.jpgpicture_pc_497acc5938c14e41204623480a841c44.jpgpicture_pc_30cb709b9eee86bdca046fef350175c4.jpg

その後、給食室で茹でておいたさつまいもの匂いをかいだり、手でつぶしながら、匂い、感触を楽しみました。

DSC_0965.jpgpicture_pc_e9b12cea7623918b305370ffd298b460.jpg
3歳児クラス以上の子どもたちは、砂糖や牛乳などを計量して、つぶしたさつまいもに混ぜていきました。
3歳児クラスの子どもたちは、ちょうど、教育プログラムで数字について学んでいたので、キッチンスケールに表示されている数字も、スムーズに読み取ることができていました。

一方で、砂糖を5グラム取り出したいところ、7グラムになってしまったときに、砂糖を足そうとする行動も見られました。

先生が「5は7よりも小さいから、少し減らしてみて」というと、少しずつすくい取って修正していました。
(4、5歳児クラスの子どもたちは、自分で考えて、調整できていました!)

また、おおまかに計量した子どもは、水分量が多くて、うまく成形できずに困っている様子でした。
一連の経験のなかから、それぞれ学び取るものがあったのではないかと思います!

20211109_150453.jpg20211109_150628.jpg
そして、最後は、みんなで美味しくいただきました!