きっともっと保育園 ブログ

食育 の記事一覧

お昼ごはんのお手伝い

カテゴリ:

2021年 06月 24日 10:00

こんにちは。

きっともっと保育園では、日々の活動のなかに、お昼ごはんのお手伝いがあります。

食材の感触を味わう、仕事を通して自覚や自立の意識を育む等、ねらいは様々ですが、
一番は、「食材に直接触れることを通して、『食』への興味を深めて欲しい」という思いで行っています。

「やりたい子は来てね〜。」
先生が呼びかけると、子どもたちが先生のもとに集まります。

DSC_8002.jpgadoigjaoirea.jpg20210623_085222_resized.jpg

↑お味噌汁に入れるほうれん草や炒め物にするキャベツを手でちぎったり、煮物にする芋を洗ったりしてくれています。
みんな、食材の色や感触と向き合いながら黙々と取り組んでいます!

※現在(6/24時点)、コロナウィルス感染拡大防止のため、子どもが触れた食材について、必ず加熱調理することを条件に食育活動を行っております※

うどんづくり

カテゴリ:

2020年 08月 18日 17:00

この日は、食育活動の一つとして、うどんづくりに取り組みました。

当日を迎えるまでにも、うどんに関する絵本を読むなどして、子どもたちの気持ちを高めていきました。その甲斐あってか、みんな登園するなり、「今日はうどんづくりだよね!」と、とてもはりきっていました。

うどんづくり①.JPGうどんづくり②.JPG
まずは先生が工程や注意事項について説明します。みんな真剣に話を聞いています!
3歳児クラス以上の子どもたちの様子です。薄力粉に塩水を混ぜるところから取り組みました。

DSC_0739.JPGうどんづくり④.JPGうどんづくり⑤.JPG
2歳児クラスの子どもたちの様子です。生地の感触を楽しみながら、こねたり踏んだりした後、先生が切り分けたうどんを手で伸ばしていきました。「ぷにぷにして柔らかい!」「見て!長いよ!」など様々な声が聞かれました!

うどんづくり⑥.JPGHORIZON_0002_BURST20200716150955502.JPG
3歳児クラス以上の子どもたちは、さらに、生地を棒で伸ばしたり、包丁で切ったりしていきました。その姿は真剣そのもの。まるで職人のようです!
そして、つくったうどんは、おやつの時間にみんなで美味しくいただきました。

※当園では、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、食育活動は「子どもの取組後、調理員が当該食材を加熱する場合」に限って実施しております。

昼食の調理風景

カテゴリ:

2019年 05月 30日 15:00

昼食の調理風景です。

きっともっと保育園の昼食は、和食を中心としたメニュー構成です。

お味噌汁は、出汁を取るところからはじまります。出汁の旨味を生かすことで薄味に仕上げることができるため、四季折々の食材本来の味を楽しむことができます。

この日のおかずは、子どもたちに人気の切り干し大根。
子どもたちがスプーンですくって食べられる大きさに刻んで提供しています。

20190530ブログ用画像①.jpg20190530ブログ用画像②.jpg20190530ブログ用画像③.jpg20190530ブログ用画像④.jpg20190530ブログ用画像⑤.jpg

<-- テストのためコメント中 --> <--SC vars--> <--/SC vars--> <--SC code--> <-- --> <--/SC code--> <-- テストのためコメント中 -->