こんにちは。

きっともっと保育園では、文化に触れ感性を磨くことを主な目的として、「能楽教室(課外教室)」を行っています。

先日、そのなかの取り組みの一つとして、柏崎真由子先生(能楽教室の先生・能楽師)と国立能楽堂さんにご協力いただき、イベントを行いましたのでご紹介します!

イベントでは、国立能楽堂さんが毎年開催している「親子で楽しむ能の会」(「狂言の会」もあります)の観劇に加え、柏崎先生に舞台裏を案内していただいたり、能の所作を親子で体験してみたりと、とても貴重な経験となりました。

nouibento.jpg20210828_122533_resized_2.jpg20210828_121223_resized_2.jpg
↑(研修能舞台にて)
すり足の体験をしてみたり、楽屋をみたり...たくさんの非日常的な経験ができました。
子どもたち一人ひとりが、揚幕から舞台にでていく(!)という経験をさせていただいたのですが、みんな少し緊張した面持ちでした。舞台特有の雰囲気を味わえたのではないかと思います!

20210828_114450_resized_1.jpg
↑写真左から国立能楽堂櫻井様、シテ方金春(こんぱる)流能楽師柏崎先生、国立能楽堂羽鳥様です。
今回、このような貴重な機会をいただいたことに感謝するとともに、こういった方々のご尽力によって、現存する世界最古の舞台芸能であるお能を目にすることができているのだと、何だかじーんとしました。

20210915_104226_resized_1.jpg
↑そして今回、もっとお能に気軽に触れていただくための施策として、「親子で楽しむ能の会」で配られる冊子のコンセプトワークに少し携わらせていただきました。
コロナ禍ということで、実現できないこともあったのですが、少しでも多くの子どもたちが興味をもってくれれば嬉しいです!

20210630_163703_resized.jpg20210721_162258_resized.jpg
↑きっともっと保育園で行っている課外授業の様子です。
体全体でいろいろなことを吸収していく幼少期だからこそ、グローバル化が叫ばれる昨今だからこそ、経験を通して日本文化に触れることは、とても有益なことだと考えています。
何より、みんな能楽教室の日をとても楽しみにしています。家でも練習しているそうです!

引き続き、子どもたちの成長のために、地域の皆様のお力をお借りしながら、できることはどんどんやっていこうと思います!

▼柏崎先生のご紹介
https://mayukokashiwazaki.com/

▼国立能楽堂さんのご紹介
https://www.ntj.jac.go.jp/nou.html