きっともっと保育園 ブログ

国立能楽堂でお能の舞台ツアー&体験&観劇!

カテゴリ:

2021年 09月 24日 10:00

こんにちは。

きっともっと保育園では、文化に触れ感性を磨くことを主な目的として、「能楽教室(課外教室)」を行っています。

先日、そのなかの取り組みの一つとして、柏崎真由子先生(能楽教室の先生・能楽師)と国立能楽堂さんにご協力いただき、イベントを行いましたのでご紹介します!

イベントでは、国立能楽堂さんが毎年開催している「親子で楽しむ能の会」(「狂言の会」もあります)の観劇に加え、柏崎先生に舞台裏を案内していただいたり、能の所作を親子で体験してみたりと、とても貴重な経験となりました。

nouibento.jpg20210828_122533_resized_2.jpg20210828_121223_resized_2.jpg
↑(研修能舞台にて)
すり足の体験をしてみたり、楽屋をみたり...たくさんの非日常的な経験ができました。
子どもたち一人ひとりが、揚幕から舞台にでていく(!)という経験をさせていただいたのですが、みんな少し緊張した面持ちでした。舞台特有の雰囲気を味わえたのではないかと思います!

20210828_114450_resized_1.jpg
↑写真左から国立能楽堂櫻井様、シテ方金春(こんぱる)流能楽師柏崎先生、国立能楽堂羽鳥様です。
今回、このような貴重な機会をいただいたことに感謝するとともに、こういった方々のご尽力によって、現存する世界最古の舞台芸能であるお能を目にすることができているのだと、何だかじーんとしました。

20210915_104226_resized_1.jpg
↑そして今回、もっとお能に気軽に触れていただくための施策として、「親子で楽しむ能の会」で配られる冊子のコンセプトワークに少し携わらせていただきました。
コロナ禍ということで、実現できないこともあったのですが、少しでも多くの子どもたちが興味をもってくれれば嬉しいです!

20210630_163703_resized.jpg20210721_162258_resized.jpg
↑きっともっと保育園で行っている課外授業の様子です。
体全体でいろいろなことを吸収していく幼少期だからこそ、グローバル化が叫ばれる昨今だからこそ、経験を通して日本文化に触れることは、とても有益なことだと考えています。
何より、みんな能楽教室の日をとても楽しみにしています。家でも練習しているそうです!

引き続き、子どもたちの成長のために、地域の皆様のお力をお借りしながら、できることはどんどんやっていこうと思います!

▼柏崎先生のご紹介
https://mayukokashiwazaki.com/

▼国立能楽堂さんのご紹介
https://www.ntj.jac.go.jp/nou.html

渋谷区おとなりサンデー様にご取材いただきました。

カテゴリ:

2021年 09月 20日 10:00

こんにちは。

かなり前のことですが、地域の方と一緒にプランターの土にたい肥を混ぜる取り組みをし、その取り組みの内容や意義について渋谷区おとなりサンデー様にご取材いただきました。

取材の様子はこちらからご覧ください。

たい肥は、「コンポスト」という容器に基材と生ごみを混ぜることで出来る、土の栄養です。

はじめは、たい肥が一体どんなものなのか、よく分からなかった子どもたちでしたが、一人の子が「これ、なにー!」と鶏肉の骨を発見してからは、宝探し大会になりました。
よく見ると、たい肥のなかには、玉ねぎの皮、卵の殻、肉や魚の骨など、様々なものの欠片が残っています。地域の方が「みんなの食べた残りが形を変えたんだよ。これが土の栄養になるんだよ。」と教えてくださいました。

その後、たい肥のにおいを嗅いでみたり(森林にいるかのような良い香りがします!)、土と混ぜたりしました。
みんな、地域の方ともすぐに打ち解けて、コミュニケーションを楽しんでいました!

土と水によって野菜や動物が育まれ、やがて土に還っていく循環の一部を体験する機会ともなりました。

ゴミになるものを再活用することは、環境問題への取り組みの一つですし、自然の不思議に出会う機会でもあります。今回いただいたご縁を良い契機として、引き続き取り組んでいきたいと思います!

20210604_155657_resized.jpg20210604_160755_resized.jpg


↑最初は少し緊張気味の子どもたちでしたが、すぐに打ち解けて楽しんでいました!


↑インタビュー動画も公開されました

コミュニティコンポストがはじまります!

カテゴリ:

2021年 09月 14日 21:00

こんにちは。

きっともっと保育園で「コミュニティコンポスト」がはじまります!
当園の利用者に限らず、地域の方どなたでもご参加が可能です!

★こちらからご確認・お申し込みください★

「コンポスト」とは、生ごみを土などの基材と混ぜ堆肥化すること(もしくはその容器)のことです。
「コミュニティコンポスト」とは、コンポストをきっかけに、普段の取り組みやイベントなどを通してメンバー同士の交流を図る活動のことです。

きっともっと保育園としては、活動場所(主にたい肥を集積する場所)を提供し、実際の運営は株式会社4Natureさんが行います。保育園の活動でもお世話になっております!

compost.jpg
活動の主な目的としては、

①不快な生ごみを減らし資源(=たい肥)化
②子どもと取り組む手軽な環境活動
③多様なメンバーとの交流

です。

今後、環境保護に対する意識の変化が求められるなかで、幼少期に、

「ただ捨てるのはもったいないな」
「何かに活用できないかな」

という感覚を養っておくことはとても有効だと思います。

さらに、活動のなかでさまざまな方と知り合ったり、関係性を深めたりできるなんて、とても素敵です!

きっともっと保育園でも環境教育の一環としてコンポストを実施していきます。
また、多様な価値観が交流する開かれた保育園を目指して、今回のようなご縁を大切にしながら、できることはどんどんやっていこうと考えています。

★こちらからご確認・お申し込みください★

トマトケチャップづくり(食育活動)

カテゴリ:

2021年 07月 21日 10:00

こんにちは。

きっともっと保育園では、日々のお手伝いに加えて、おおむね月に一度、食育活動を実施しています。
日々のお手伝いの記事はこちらから

この日の食育活動は、「トマトケチャップづくり」。

・手を使ってトマトをつぶす感触を楽しむ
・高年齢児は包丁や火を使う、調理工程を知る
を主なねらいとして実施しました。

20210713_093039.jpg20210713_093205.jpg
↑1歳時クラスの活動の様子です。
トマトをじっくり観察したり、においを確かめてみたり。

「しろいのなに?」
とタネを不思議そうに眺める様子もみられましたよ。

トマトの観察をしたあとは、袋に入ったトマトを手でつぶしていきました。

「つぶれたよ!」「できた!」
と嬉しそうに見せてくれました!

20210713_094207.jpg20210713_094434.jpg20210713_100359.jpg
↑2歳児クラスの活動の様子です。
指先を器用につかってトマトの皮をむいています!
火が危険なことを伝えたうえで、子どもたち自身で煮込んでいきました。
おそるおそる慎重に、でも興味津々で取り組んでいましたよ。

20210713_103826.jpgDSC_0700.jpgHORIZON_0002_BURST20210713110729353.jpg
↑3歳児以上のクラスの活動の様子です。
「トマトのヘタ」「フライパン」「中火」等、食材や調理器具・方法の名称確認をしつつ、調理工程を説明します。
包丁も使いました。とても集中していますね!

DSC_0716.jpgHORIZON_0001_BURST20210713114938342_COVER.jpg20210713_102801.jpg
↑中央の写真は、ナポリタンを食べるところの様子です。
みんなで、「作ったケチャップを使って食べたい料理」を話し合って決めました。

右の写真は、言葉遊びをしている様子です。先生がホワイトボードに文字を書くと・・・、

「あ、下からよんでも『トマト』だ!」
「じゃあ、『キュウリ』は?・・・『リウッキ』・・・あれ、読めない!」
「『ナス』は、『スナ』! ちがうことばになった!」
と、言葉あそびを楽しんでいました。

今回の活動のなかには、
○匂いを嗅ぐ・手でつぶす(感覚・認知)、○指先で皮をむく・包丁で切る(微細運動)、
○工程を知る(論理的思考の基礎)、○話しあう(協同性)、○言葉遊び(表現力)・・・etc
と、多様な学びの機会が組み込まれています。

子どもたちは、楽しみながら、実体験を通して、いろいろなことを学びとったようです。

※現在(7/21時点)、コロナウィルス感染拡大防止のため、子どもが触れた食材について、必ず加熱調理することを条件に食育活動を行っております※

5歳児クラスの教育プログラム

カテゴリ:

2021年 07月 19日 10:00

ここ最近の、5歳児クラスの教育プログラムの様子です。

この日は、複数のカードの中から共通図形を色々な観点から捜しだしていくプログラムを行いました。

20210707_114157_resized.jpg20210707_114302_resized.jpg
↑「これからThinking Timeをはじめます。よろしくお願いします!」
どのクラスでも、まずは挨拶から始まります。

「このカードに書かれている図形と同じ図形を、他のカードから捜してね」と先生が説明します。

20210707_114719_resized.jpg
↑まずは、先生が「じゃあ、マル(〇)を捜してみようか」というと、

「あった!」
「ここにも!たくさんある!」
と、どんどん見つけていました。

20210707_115500_resized.jpg20210707_115513_resized.jpg
↑カードの数を増やしていきます。
この課題は、絵を構成している図形パーツの形を認知したうえで、自分なりの基準で共通項を見い出し、できるだけたくさんの共通図形を捜し出していくことをねらいにしています。

「これとこれは同じ丸だけど、こっちの丸はちょっと長細いからちがうか...」
「この三角とこっちの三角は大きさがちがうけど形はいっしょ!」
「こんどは星(☆)のマークを捜してみよっと!」
自分なりに考えたり、目的を見つけられている様子が素晴らしいです!

また、どのような図形から絵が構成されているか、手元の紙に書いて確認していました。
「分解して考える」というのは難しいことですが、工夫している様子が見られたことも嬉しかったです!

草木染めを行いました。

カテゴリ:

2021年 07月 14日 10:00

こんにちは。

今回は、草木染めを行ったときの様子をご紹介します!

採ってきたツツジ等を使って、布が染まっていく様子を楽しんだり、
みんなで作りあげた達成感を味わうことをねらいとして行いました。

「どんな模様になるかな」と予測し、出来上がりを楽しみにしながら、
布やTシャツを紐でしばり、草木の煮汁につけ込みます。

最後にミョウバン液とクエン酸液のどちらに浸すかを選び、染まっていく様子や色の違いを観察しました。
※草木の煮汁とミョウバン液等の媒染剤の化学反応により、不溶性の染料が出来上がります。

jdasoiguoiaerja.jpgDSC_3854.jpgtmp_DIAGONAL_0001_BURST20210608153210258_COVER2733547876064116715.jpgDSC_8195'.jpgDSC_3895.jpgasdjiofaweujg.jpg
↑「あ、水の色がピンクになっていく!」
「(クエン酸液とミョウバン液)どっちにしようかな!?」
等、思い思いに楽しみながら、色が現れたり変化したりする様子を不思議そうに観察していましたよ。

DSC_3977.jpgdsakjhn;gfkjai.jpg
↑次の日、色素が布に定着して鮮やかに色づいているのを発見して、
「みて!色がついてる!!」と見せてくれました。

3歳児クラスの教育プログラム

カテゴリ:

2021年 07月 12日 10:00

最近の、3歳児クラスの教育プログラムです。

この日は、形を認識し同じものを探したり、パズルを完成させたりすることをねらいにしたプログラムを行いました。

20210621_113611_resized.jpg20210621_113407_resized.jpg
↑教室に貼ってあるマークのカードを探して、プリントの中から同じものを見つけ出します。この時は、先生が「このカードは、どんなところで見るかな」と問いかける等、マークがもつ「意味」にも意識を向けました。

「みて!あったよ!!」
「(ドアに注意のマークを見て)これはエレベーターとかでみるよ!手をはさむといたいってことなんだよ!」
「(教室に貼ってあるマークがプリントの中に)あった!おなじだよ!!」
等、みんな熱中して、活発に取り組んでいましたよ。

20210621_114928_resized.jpg
↑色々なマークを使ったパズル遊びです。
マークは形が抽象的なので少し難しいのですが、試行錯誤しながら取り組んでいました。
マークがぴったり合うことを確認してから糊付けをするといった工夫も見られました。

この活動にはもう一つ、「身の回りのマークに興味を持つ」というねらいがあります。
先日、保護者の方から、「子どもが、家でプラスチックや紙パックのマークを探しては、『あった!』って言うんです」という嬉しいご報告をいただきました。
こういった活動を通して、普段見過ごしがちなものでも興味を持ち、意味を考えるきっかけになるのは素晴らしいことですね。

イベント・入園説明会のご案内

カテゴリ:

2021年 07月 08日 14:30

こんにちは。

イベント・入園説明会のご案内です。

ご興味をお持ちいただいた方は、以下をご参照のうえ、ぜひご参加ください!

☆詳細・お申し込みはこちら☆

① 離乳食の進めかたと子どもの食事
当園栄養士による、離乳食の進め方の解説やお子様の食事に関するお悩み・ご質問をお受けするイベントです。

「この時期の離乳食って、これで合ってるかな」
「子どもが全然食べてくれない」
「スプーンや箸はいつ頃から持たせればいいんだろう」・・・etc

離乳食の話に限らないので、幼児の保護者の方もご参加可能です!

【対象】未就学児童とその保護者
【日時】8月21日(土)10:00~11:00
【申込期日】8月19日(木)23:59迄
【場所】きっともっと保育園
【料金】無料

② 入園説明会
当園の概要やご入園までの流れを説明した後、活動の様子をご覧いただきます(スライドショー)。
全体・個別でのご質問も承ります。

【対象】未就学児童とその保護者
【日時】9月12日(日)10:00~10:45
【申込期日】9月9日(木)23:59迄
【参加方法】きっともっと保育園へのご来訪・Zoomでのご視聴
【料金】無料

■ 参加にあたってのご留意事項
・お子様もご一緒にお越しいただいて大丈夫です。
・授乳スペース、オムツ替えコーナーございます。
・自転車、ベビーカー でのご来園が可能です。自動車でお越しの場合、送迎時のみ当園の駐車場をご利用いただけます。

☆詳細・お申し込みはこちら☆

<本イベントに関するお問い合わせ先>
TEL:03-3403-9125
MAIL:kittomotto@kawai-juku.ac.jp

イベント告知チラシver2.jpg

野菜や花がぐんぐん成長してきました!

2021年 07月 07日 10:00

こんにちは。

きっともっと保育園では、プランターや花壇を活用して畑仕事をしています。
理由は様々ですが、主に2つあります。

・畑仕事を通して、野菜に愛着をもち、ひいては「食」への興味を深めること
・「生産」することの喜びを感じること

子どもたちも、職員も、畑仕事が大好きで、やりたいことをどんどん実現していったら、
野菜や花の数がこんなことになっていました・・・↓↓↓

20210628_160339(1).jpg20210628_160358.jpg20210628_160350.jpg20210628_160402.jpg20210628_160413.jpg20210628_160419.jpg20210628_160506.jpg20210628_160511.jpg20210628_160516.jpg
↑アサガオ、バケツ稲、ナス、ピーマン、オクラ、キュウリ、トマト、ニンジン、ルコウ草、イチゴ、ひまわり、キャベツ、サツマイモ。
近隣の方も成長を楽しみにしていて、よく声をかけてくださいます!
キュウリは近隣の方にいただきました!ありがとうございます!!
プランターや花壇があることによって、地域の方との交流が生まれます。とても嬉しくありがたいことです!

DSC_3486.jpgDSC_3498.jpgDSC_3664.jpg
↑子どもたちは、畑仕事が大好きです。
土を触ったり、虫を探したり、水をあげたり・・・etc、子どもたちの好きなことが詰まっています。
真ん中の写真は、発芽したキャベツを少し大きめのポットに入れ替えているところです。

DSC_3849.JPG
↑近隣の方からキュウリの苗をいただいたところです。
「こうやってツルが出てね、支柱に絡んで体を支えているんだよ」と優しく教えてくださいました!

DSC_4005.jpgHORIZON_0001_BURST20210611161300891_COVER.jpg
↑「みて、ぼくより高いよ!」
ヒマワリと自分の背を比べています。
ヒマワリは、昨年のこぼれ種が発芽したものが、一足先に花を咲かせました。
右の写真は少し前のものですが、現在、その足元では、今年撒いた種が発芽し、順調に育っています。

DSC_3538.jpg
↑やっぱり、収穫は特別です!
梅雨が明け、夏本番を迎える頃、野菜の収穫も最盛期を迎えるはずです。
今年は、収穫した野菜を使った様々な取り組みを企画しています。
子どもたちと一緒に、存分に楽しみ、味わいたいと思います!!

2歳児クラスの教育プログラム

カテゴリ:

2021年 07月 05日 10:00

ここ最近の、2歳児クラスの教育プログラムの様子です。

この日は、物をつまむことで手の巧緻性を高めたり、狙ったところにいれる(目と手の協応能力を高める)ことをねらいとしたプログラムを行いました。

sagkldaj;it.jpg

↑まず、先生が「今日はこんなものを持ってきたよ」と説明し、実際にやってみせます。みんな「やるやるー」と興味津々です。

20210621_083628_resized.jpg20210621_085323_resized.jpg

↑ビーズを穴に入れていきます。ビーズが穴にピタッとはまるのが楽しいようで、夢中になって取り組んでいましたよ。
保育園で数について学んでいくのは3歳児クラスからですが、"一つ、二つ、三つ"と、穴の数が増えていく構造になっていて、子どもたちは自然に数量イメージに触れていきます。

20210621_084433_resized.jpg

↑動物の小さなお口に様々なものを入れて食べさせてあげます。ポンポン、チェーン、アルミホイル・・・etc。
工夫しないとお口に入れられないよう、少しずつ難易度が上がっていきます。
「これはね、紫だからブドウ!」
「こっちはレモン。クマさんがすっぱいって顔したよ!」
子どもたちは、様々なものに見立てながら、楽しみますね。
一つ終わると、「次のやつやりたい!」。
全部終わると、「クマさんの次はね、ネコさんに食べさせてあげるの!」と、とても意欲的に取り組んでくれました。

<-- テストのためコメント中 --> <--SC vars--> <--/SC vars--> <--SC code--> <-- --> <--/SC code--> <-- テストのためコメント中 -->